スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

今日の1冊 『ドロテア ~魔女の鉄鎚~』

ドロテア ~魔女の鉄槌~ 第06巻_s

『月刊ドラゴンエイジ』(富士見書房刊)に連載されていた。単行本は全6巻刊行。

15世紀末期のドイツ。ヨーロッパ中を魔女狩りが猛威を振るう中、アルビノの少女は自らが魔女と告発される危険を背負いながら、魔女や異端者が狩られた時代に『白の家』で育ち、白の家を守り続けた少女ドロテアはやがて傭兵となり外の世界に出る・・・。

舞台は、魔女狩りが盛んに行われていた中世のドイツ。主人公のドロテアは生まれつき色素の弱いアルビノ。白い肌に赤い目、と一目で魔女と認識されかねない要望を持つ彼女だったが、外の世界を見てみたい、という理由で傭兵となることを決意し、外の世界を知っていく。
最初のうちは、同じ傭兵の仲間達からも気味悪がれていたが、仲間を窮地から救ううちに信頼されていく。
しかし、敵や聖教団はその存在を許す事はなかった。

最後は、まぁBAD ENDにならなくてよかったなと。
ジャンヌダルクのような存在でしたんで、最後は死んでしまうのかと思っていましたんでね。

オススメ度:☆☆★★★
スポンサーサイト


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

面白そう・・・
買ってみようかな^w^

>みつーさん♪
おそらく古本屋であれば、序盤は100円で売ってる可能性がありますので試し読みされてみるといいと思いますよ。
プロフィール

黒狼

Author:黒狼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。