スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

(雑誌) 鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」 感想

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s


83~85話の3話飛ばしての感想ですw
コミック金曜日に発売されるからいいよね。

最近魂の揺らぎが激しいアルフォンス。
そんな彼にめをつけたのはプライドだった。アルフォンスの身体を乗っ取ったプライドはエドとグリードのもとに姿を現す。

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s (1)

テロを装い、爆破された大総統の乗った列車を調査し、行方不明の大総統を懸命に捜すグラマン中将。死体を確認するまでは東を離れられないため、中央襲撃はマスタング大佐単独の指揮となる。大総統の死体を見るまでは安心できないと言う中将の顔がいい感じです。腹の読めない中将に、当たっているのかいないのか不謹慎な想像をするマイルズがまた絶妙ですw

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s (2)

『え…アル?何?反抗期!?』
と、アルの変化に戸惑いを隠せないエド。しかし、どう見ても反抗期とかそういう雰囲気じゃないだろw
ホムンクルスの長兄という立場のプライドは、エドの優しさをついてスラムの人間を人質にとり、グリードを殺し、エド捕獲を企てるも錬金術でとっさに周囲を停電にすることで、プライドの”目”を封印したエド。能力的に多少の光がないといけないのかなとも考えたがどうなんだろ?影から伸びてる印象があったから影がなければセリムの身体からでれないとか。

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s (3)

まぁ、敵もきちんとその辺考えているわけで、暗闇には嗅覚のするどいグラトニーが潜み、仲間を食べようと狙っているのだ。ハインケルは、そのライオンの特性を活かしてプライド本体であるセリムを攻撃。ダリウスも野生の感でグラトニーに先手必勝を決める。だが明るくすればプライド、暗闇のままだとグラトニーが攻撃を仕掛けてくる…。

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s (4)

その時、本来の身体の持ち主であるリンが、意識の交代を申し出た。リンはホムンクルスの気配を察知することができる。しぶしぶ身体を明け渡したが、実際暗闇では有利に運んでいた

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s (5)

しかし、キレたグラトニーは、腹にある擬似「真理の扉」を開け放とうとする。そのとき現われしは、左腕を機械鎧にし者の姿が。

鋼の錬金術師 第86回 「闇の使者」_s (6)

その姿、戦い方にリンは、『…息災で何より!待っていたぞランファン!!』
ついに復活を遂げたランファンだが戻ってくるの早すぎるw
ホーエンハイムも異常には気づいているみたいだけど動く気配はなし。
自分が動き出す時じゃまだないと踏んでいるからなのかもしれないが、この場をどう切り抜けるのか。グラトニーはこのまま行けそうだけど、プライドはそうもいかんだろうしね。

スポンサーサイト


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒狼

Author:黒狼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。