スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

漫画紹介 『ドラゴンクエスト エデンの戦士たち』

eden_s.jpg

ドラゴンクエストⅦのストーリーを元に『ロトの紋章』などの作品で有名な藤原カムイの手によってマンガ化されたもの。ストーリーとしては、世界には島がたった一つだけしか存在しなかった。その島に住む主人公たちは、ひょんなことから遺跡に潜り込んで不思議な石版のかけらを発見し、石版を揃える事で不思議な世界に辿り着く。この世界の魔物を倒し平和が訪れて、元の世界へと戻ると世界に新しい大陸が見つかる。この石版のかけらを集めることによって冒険の世界を広げていくこととなる・・・。
この作品が出ていたのは知っていたのですが、ずっと手をつけてきませんでした。ドラクエⅦ自体は、私個人十分楽しんでプレイしましたし、小さなメダルはもちろん、モンスター職も含め、すべての職も極めたりしました。やりすぎたってこともあり、ゲームのマンガ化はあまり見てもどうということはないだろうと思って読んでいませんでした。でも、この間漫喫にいったとき、チラッと目に入って読んでしまったら止まりませんでした(笑


ドラクエⅦの物語を忠実に再現しながら、オリジナル要素も多く加えられているのにゲームのエピソードを一つ一つ丹念に辿っていくスタイルをうまくまとめられています。石版の世界一つ一つをやっていたのではうまくいかないと思っていたのですが、そこは重点におく場所を多く表現し、主人公とは別の主人公と言えるオリジナルキャラも冒険している。


ドラクエⅦは他のドラクエの世界観とは区別された世界ということが多く言われています。それをうまく利用というわけではないのでしょうが、カムイ氏のロトの紋章とも関わりを持たせていたりする。賢者ベゼル・賢者の塔の存在、キーファがロトの子孫であると出自が美化されているなどゲーム版とは異なりロトシリーズの世界と同一の世界であるかのように描かれている。キーファが住んでいた城の宝箱から王者の剣がとれることから、何かしら繋がりがあるなどともいわれていますがね。


残念なことがあったとすれば、ロトのときのような普通に戦ったのでは絶対勝てないというような敵が存在しなかったことです。ゲーム序盤にそのような敵がでてきてはたまりませんから仕方ないですが、賢者の塔で身も心も鍛えてしまって、強くさせすぎてしまっているように感じました。やられているシーンはあるのですが、やられている気がしないという変な感触。そういった物足らなさが大きく出てしまいました。戦闘中の描き方はもう完成されていますから、そこに問題はありませんでした。


もっとも残念だったのが、14巻で終わってしまっていたことですね。キーファがパーティからいなくなるという大きなゲームの流れに合わせるならとてもよかったのですが、今からがもう一つのスタートだったのですごく残念です。第一部完ということで、『紋章を継ぐ者達へ』が終わってからまた書いてくれるようなことが書いてありますが、果たしてほんとうにあるのか怪しいところです。


そういったことから、続きは読めそうにないですが、ちょっと違ったドラクエⅦを見てみたいと思った方は読んでみるのもありなんじゃないかなと思います。


★☆ゲームとの相違点☆★
・ ゲーム版には登場しないキャラクターが数名登場する。
・ ゲーム内に存在しないオリジナルの呪文、特技が存在する。例えば「ストップ・ザ・ワールド」「ヘルスパーク」など。
・ 主人公アルスと一緒にいるトカゲは最初からいたトカゲではなく途中から仲間に加わった設定になっている。
・ デス・アミーゴが現代ではホンダラと生活している。
・ 敵モンスターのプチット族が序盤で登場し、その後もやられキャラとして数回登場する。
・ ゲーム版では単なる中ボスであるメディルの使いが幹部クラスの悪役として登場する。
・ 主要人物の人間関係がゲーム上と異なる部分がある。キーファとマリベルは恋愛的な関係にあったのが大きな一例(そのためユバール族の休息地でキーファ離脱時の理由が変更されている)。なお、藤原カムイのウェブサイト上の初期設定集には「マリベルはアルスに好意を抱き、キーファには無関心」など、製作過程上で設定変更を伺わせる記述が見られる。
・ ダイアラック、グリンフレーク、ダーマ神殿などの一部物語が短縮または存在しなくなっている。 原作者は単行本14巻でオリジナルの設定に変更した理由について、ゲームではキーファ離脱が深く描かれていなかったので感動的にしたかったと述べ、ダーマ神殿のストーリーは転職システムを漫画で描くのは難しく描きたくないのでカット、短縮化したと述べている。
スポンサーサイト


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒狼

Author:黒狼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。