スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

(雑誌) とある科学の超電磁砲 番外編 「とある二人の新人研修 後編」

とある科学の超電磁砲040_s

(雑誌) か[鎌池和馬×冬川基] とある科学の超電磁砲 番外編② 「とある二人の新人研修 後編」

~前回からのあらすじ~

 学校内の治安を守る『風紀委員』である黒子だが、美琴と出会う前のある日郵便局で強盗と遭遇する。先輩の指示を無視し、自分に過信していた黒子は、犯人を見事得意の体術で倒すが、隠れていた仲間が居合わせた友人である初春を人質にとる…!!

他ブログ情報・感想
・ 月刊御坂美琴十九号(タカヒナの日常境界線)http://www.takahina.com/mt-tb.cgi/8275 http://www.takabor.com/2008/11/post-393.html


とある科学の超電磁砲041_s

初春を人質にとられ、どうしたら良いか迷う黒子。
風紀委員二人の思いをやぶるように局員が防犯装置を作動させ、防犯シャッターを閉める。
防犯装置と同時に動き出したのは警備ロボ。

犯人はATM壊して、金奪う算段してたのにあっさりそれを否定するかの如く防犯装置作動してしまう局員の行動は、その場の客からするとふざけるなーとちょっと叫びたいと思う。

武器捨てろと命じるロボが犯人に近づき、ロボの背後を死角にとり、犯人に突撃しようとした黒子だったが、犯人が右手から何か取り出したのを確認した先輩が黒子に飛び掛る。案の定、敵の放った球がロボを破壊。
爆発したロボの破片が黒子をかばった先輩の背中に突き刺さる。
黒子のダメダメっぷりが次々登場してくるなぁ。

黒子は犯人から顔面に蹴りを入れられ、ダウンしたところを足首踏まれ悲鳴をあげる。
頬を腫らし、鼻からは血が出ている状態でも手を伸ばす黒子。
自分の不甲斐なさを痛感しながら手が伸びた先は、初春の足首。
犯人の手から消える初春。

とある科学の超電磁砲042_s

外にテレポートされた初春は通行人に助けを求めるが、まともに取り合ってくれる大人がいない中一人の少女が通りかかる。
ゲロ太のストラップにこの容姿ときたらあの方しかいませんわっ!!
ってことで、この外伝主人公である御坂美琴が登場!!

敵さんの能力は、”絶対等速(イコールスピード)”
犯人の投げた物体ならば、高速で飛ばす力はないが、進路方向に障害があろうと同じ速度で物体を破壊しながら進んでいくというもの。
黒子が、警備員(アンチスキル)が来るまで人質をとられないようにさえ注意していれば、あとは時間の問題と考えをあざ笑うかのように防犯扉を壊す犯人。

どう足掻こうとも勝ち目のない戦いに犯人は黒子にテレポートの能力で手っ取り早くATMから金を取り出せと命令するが、イエスと返事をするはずもなく相手の能力のスピードの遅さをついて反撃しようとする黒子の前に投げ放たれた複数の鉄球が…。

とある科学の超電磁砲043_s

絶体絶命のピンチを救う一撃が目の前を通り過ぎた。
それは後に出会う少女の必殺技。今の黒子はそれを知るはずもなく、犯人同様に何が起きたのかわからない状態だったが、油断した犯人より一歩早く動き出し犯人を捕らえる。

とある科学の超電磁砲044_s

犯人が諦め、歓声が上がる局内。
外では初春が安心したのかへんへなと倒れこみ、美琴は何も言わずその場を立ち去っていく。
にしても美琴が超電磁砲放つ瞬間誰も気づかなかったのかね?
早いと言ってもあれだけの出力だったら多少周りに放出したとき光が漏れると思うんだが。

黒子は、初春に足の治療をうけながら、目の前をイナズマのようなものが通ったような…と言って、初春に何言ってんだこいつ?的な目でってなわけじゃないですけど、ポカンとされて見間違いかもと顔をそらす。

とある科学の超電磁砲047_s

先輩も黒子の能力が高い事はわかっていたが間違った方向に行ってほしくないといろいろ悩んでおいででしたが、結局黒子が自分の未熟さ知ってこれからもよろしくお願いしますとお願いしてきたもんだから、まぁいいかと始末書の書き方を教えるのでしたw

今の黒子であれば余裕綽々の事件だったのですが、いかんせんまだ自分をテレポートできなかった時代。手に触ったものを飛ばすことしかできないのだからまだまだ仕方がなかったってことですね。美琴がでてくるかなーとは思っていましたが、顔合わせることなく立ち去っちゃいましたんで、この事件で中にいたのが黒子だってことは美琴も知らないようです。

次回からはまた、美琴の活躍が中心になっていくのかなー。


~おまけ~
とある科学の超電磁砲045_s
とある科学の超電磁砲046_s

またの活躍を楽しみに待ってます先輩♪
今回だけじゃもったいない逸材ですよw
スポンサーサイト


記事を読んだらそのままポチッとお願いします♪ にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒狼

Author:黒狼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。